読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーソナルトレーナー植田知成が教える!そのダイエット情報のウソ?ホント?【東京都港区六本木CLOVER】

東京都港区六本木にある完全個室の予約制パーソナルトレーニングジム『CLOVER』の代表CHISEIです。栄養学と生理学の知識を身につけ、自らの身体で実践した経験を基に、世の中に広まっているダイエット情報のウソ・ホントを分かりやすく伝えます。

ダイエット四方山話その2 「正しいフォームの重要性」

f:id:clover-chisei:20150703152522j:plain

※ちなみにこの写真は僕じゃありません。念の為。

港区六本木にある六本木交差点近くのパーソナルトレーニングジム「CLOVER」代表兼パーソナルトレーナーのCHISEIです。

マッチョ29のメンバーとしてアイドル活動もしてます。

前回は筋肉を効率よく増やす為のトレーニング種目選択方法をお伝えしました。

clover-chisei.hatenablog.com

結論は、「基本はBIG3」を選択しましょうね~というお話でしたが、もちろん他の種目も同時に行いましょうね。

今回は正しいフォームの重要性についてです。

トレーニーの中には「とにかく重くしてガンガン挙げればいいんだ!」という方もいらっしゃいます。

僕も以前はそんな感じでした。でも今は控えてますね。

なるべく自分に合った重量を扱うようにしてます。

何故かというと、怪我しちゃうことが多いんですね。

とにかく重くしてトレーニングすると確かにある一時期は、筋肉量が増えた気がするんですが、無理して挙げているので、フォームが崩れて関節を痛めることが多いです。

重すぎて扱えないんですから、当然なんですが(笑)

怪我しても構わない!という気持ちで重い重量を扱うというのであれば、仕方ないかもしれませんが、僕らトレーナーとしては、クライアントの健康を第一に考えるので絶対にそんなことは言えません。

数々の著名なボディビルダーも「怪我を避けるために適切な重量で行うことが重要」と説いています。

そして何よりも大事なのが、筋肉のテンションを維持させながらレップをこなすことです。

有名なボディビルダーであるジェイ・カトラーもベンチプレスを行う際は、肘をロックすると三頭筋に刺激が移行するので、ロックしないということと、胸にバーを付けると肩関節の過伸展で胸のテンションが抜けやすいということで、降ろしきらずに行っています。

youtu.be

 3分57秒辺りからベンチプレス
動画見ても、これを正しくできるかというと無理ですけどねw やっぱジェイ・カトラーすげぇ。

ということで、トレーニングで大事なのは、

①正しいフォームで行う

②自分に合った重量を扱う

③筋肉のテンションを維持させる

ということです。

当たり前すぎてすみませんm(_ _)m

完全個室の予約制パーソナルトレーニングジム
【BODY MAKE GYM CLOVER】
東京都港区六本木7丁目11-12ピュアシティ六本木102
 (六本木駅4b出口から徒歩4分)
メール  info@clover-gym.com
電話番号 050-3825-0187
CLOVERのFacebookページ CLOVERのTwitter
当ジムのHPできました!

clover-gym.themedia.jp 

▼ランキング応援よろしくです▼